クレジットカードの使い勝手

クレジットカードの使い勝手が上がってきたと感じられます。以前のクレジットカードは使い勝手という面ではちょっと難点がありました。支払い時にクレジットカードを提示し、手続きの最後にサインを要求されます。このサインがかなり面倒に感じていたのです。それでも、あまり並んでいないようなレジならばサインもかまわないのですが、後ろに人が並んでいるようなレジではクレジットカードを使えても提示することに躊躇してしまいます。それが、現在では大手のチェーン店を中心としてある程度までの金額であればサインレスで利用でき、クレジットカードですとお金のやり取りがないので、現金決済よりも素早くできることが多くなりました。こうなれば小額決済でもクレジットカードが使いやすいと言えます。

しっかり使えば便利

クレジットカードは使い方を間違わなければ大変便利で節約にも有効だと思います。誰でも分かることですが、恐いのが使いすぎ…カードをコピーされたりすることより高い確率で起こりうることだと思います。ですが考え方を変えれば自分で注意することによって使いすぎは防ぐことが出来ます。自分で使える範囲をしっかり確認することで危険は遠ざけることができるでしょう。そうすると、例えば利用した金額に応じてポイントが貯まるカードを使っていたりすると、普段の買い物をしているだけで少しお金を貯められていることになります。ですから自分の持っているクレジットカード、作ろうと思っているカードの特性をよく知っておき、正しく使うことが大切です。

たくさんあるカード

うちの夫は、ショッピングセンターですぐにカードを作りたがります。作ったら駐車場代が無料になる、とか、2000円分商品券がもらえる、とかそういうのに弱いのです。だから、いつの間にかカードを作っていることがよくあります。毎月の光熱費の支払いは夫に任せているので、光熱費の支払先を分散させて、どのカードも年会費が無料になるように調整しているらしいです。そういう細かい作業が夫には全く苦ではないようです。対して私はそういった作業が苦手なので、夫が得意で良かったと思っています。夫のカード作りのお蔭で、駐車場代も無料のことが多いし、クレジットカードをきちんと管理して使い分けられている夫ってすごいなあ、とつくづく思います。

スーパーでクレジットカードを使っているのは・・・

普段の生活の中で意識的によく使っているもの、それはクレジットカードです。公共料金や新聞代、保険料などの自動引き落とし分をはじめとして、ネットショッピングの支払い、通常の店舗での買い物もカードが使えるところなら極力カード決済しています。主婦にとって便利なのは、中規模以上のスーパーやデパ地下の食料品、そしてコンビニでもサインレスでカードが使えること。サッとカードを出すだけで、小銭を数えたりお釣りの手間もいらない、そして使った分だけポイントがたまるクレジットカードを、どうしてみんなもっと使わないのかふしぎなくらいです。スーパーでカードを出しているのは、主婦ではなく男性客によく見受けられます。男性は小銭のやりとりが面倒と思う人が多いことの、あらわれのような気がします。

ファミレスでもクレジットカードが使えないところがある

今やあちこちでクレジットカードが当たり前のように使えるようになってきてはいますが、そのような中でも使えないお店というのがあります。ファミレスはほとんどのところで使えるようになっていますが、先日行ったイタリアンレストランである、サイゼリヤでランチを食べて会計でクレジットカードを提示したら使えなかったのです。いつもカードを使って食事をすることを考えているので残念な気持ちになりました。今やコンビニでも使えるのに、ファミレスが使えないとは・・。ファストフードなどまだクレジットカードが導入されていないところがありますが、そのようなところにはあまり行きたくないと思ってしまいます。どこでもカードが使える社会になって欲しいものです。

支払い方法をカード払いにするだけで様々なメリットが

私はクレジットカードで支払うものは大体決まっていて、光熱費を中心に月々払うことがきまっているものはカード払いにしていますし、そのおかげでポイント還元もおいしくどんどん貯まっていきます。あとはそうした払い方をすることによって例えば今月はお金が足りなくてピンチだというときなんかに、いくつかの支払いを先送りにすることでその分お金に余裕が生まれるから苦しい生活を強いられなくてすむのです。そんな利点をうまく使っていけばクレジットカードは素晴らしいツールだと思うので、普通に現金払いするよりもお得な面が多いと思います。

クレジットカードの使いすぎ

最近は少なくなりましたが、使用金額を気にせずにクレジットカードを使っていた時期がありました。引落の明細を確認すると、数十万円の金額が記載されていて、毎月、お金のやりくりに苦労していました。2~3回で学習すればよいのに、なかなか改善しない私は、思い切ってカードをハサミで切って破棄しました。財布にクレジットカードが無いと、気持ちも急に変わって、全然使用しなくなりました。不思議な事に、ストレスもなく、不便もない事に気づいて、節約できるようになりました。クレジットカード使いすぎでお困りの方にはオススメの対処方法です。

買い物がスピーディーに

私はITや機械には疎いほうなのですが、それでも最近はネット通販を利用するようになりました。アマゾンや楽天を使えば、衣服類から雑貨類、食品まで買えちゃうので便利です。そして、その際に必要になる事は、お金の支払いです。私は通販をはじめたばかりのころは、銀行振り込みかコンビニ支払いをしていました。しかし、私の自宅からコンビニや銀行までは、徒歩15分以上掛かるのが不便に感じていました。そのため、最近はクレカで支払いをするようになったのですが、決済が一瞬で行われるので大変便利です。これにより、欲しいものがあらわれても、便利に買い物が出来るようになりました。このように、クレジットカードはITサービスとの相性がばっちりなのが利点です。

クレジットカードを使うのは楽しみ

クレジットカードは生活に欠かせないアイテムの一つです。スーパーやコンビニでの買い物はもちろん、寅次郎(飼い猫)を連れて行く動物病院や、床屋、食事など使える先は全てカード払いにします。小銭を準備する必要も小銭が貯まる煩わしさもありません。先日は銀行引き落としの支払いを片っ端からカード払いに代えました。電気代・ガス代・スマホ・スカパー・WOWOなど面倒でしたが出来るものすべてカード払いにしました。POINTが貯まるからです。POINTが貯まると嬉しくて仕方ありません。貯まったら普段食べないようなちょい贅沢なものを頼んで皆で食べます。一番人気はタラバガニで春先から秋にかけてPOINTを貯めて冬に注文して食べるのです。支払いを集中したのでこれからはPOINTが貯まるペースが速まるので楽しみです。

そろそろクレカを持つべきなのかな

クレジットカードがない生活なんて考えられないという人も多いようですが、実はクレジットカードを持ったことがありません。何か品物を購入する際には、現金と引き換えでないと、なんとなく買い物をしたと言う気になれないんですよね。そして現金で支払えないくらい高額なものはそうそう買う機会もありませんので、特に必要性を感じていなかったという理由もあります。ところが先日、通信関係で興味を持ったサービスがあったのですが、支払い方法がクレジットカードしかなかったので、結局諦めてしまいました。最近は入会費・年会費無料というクレジットカードも増えてきましたし、一枚くらい持っているべきなんでしょうかね。

空港ラウンジ等の付帯サービスを調査